免震・制震装置 VIBRATION CONTROL DEVICES

2016.07.08
T-Sオイルダンパーが建設通信新聞に掲載されました。

大成建設株式会社と当社の共同開発による、
稼働範囲を改良して一般的な免震建物に導入できるようにした免震装置「T-Sオイルダンパー」が、
建設通信新聞で紹介されました。

従来の「T-Sオイルダンパー」は、ビルが密集した市街地で建物の変位を小さく抑える前提で開発されたため、
ダンパーが機能を発揮できるのは変位量35センチメートルまでで、
低減衰モードと高減衰モードの切り替えも3パターンのみでした。
しかし今回の改良で、ダンパーが機能を発揮できる最大の変位量が80センチメートルに拡がり、
171パターンに増えた低減衰モードから高減衰モードへの切り替え段階を、
敷地や建物の条件に応じて設計者が任意に設定できるようになりました。

これにより、できるだけ免震装置の機能を発揮させ続けたい高層ビルや、
強い揺れへの対応が求められるビルなど、あらゆる新築・既存免震建物に
「T-Sオイルダンパー」だけで対応できるようになっています。


免震・制震装置製品情報

ページの先頭へ