製品案内 › 舞台機構 › 吊物機構

舞台機構 THEATER EQUIPMENT

吊物機構

国内有数のホールに静音型ウインチを納入

イギリスのRoyal Opera House改修の際に採用された可変速巻き取りウインチを引き継ぐ静音型可変速ウインチを提供しています。2003年竣工の「山口情報芸術センター」をはじめ、2011年までに「まつもと市民芸術館」「都城市総合文化ホールMJ」「浦添市てだこホール」「日田市民文化会館 パトリア日田」「いわき芸術文化交流館アリオス」「刈谷市総合文化センター アイリス」「小金井市民交流センター」「KAAT 神奈川芸術劇場」の各劇場で採用されています。

静音型可変速ウインチ

このウインチはオペラ劇場用に開発された極低騒音電動機、および減速機を使い全体の作動騒音を大幅に減少させたウインチで下記のような特長があります。

特長

静粛性:
客席最前列で35dB(A)の実績を確認
可変速性:
低速域から高速(max120m/min)までの広い範囲で可変速が可能
省スペース:
●ウインチ幅が小さく標準15kWタイプで290mm
●交互配置することで最小150mmのバトンピッチに対応可能
●巻き取り式のためカウンターウエイトのスペースが不要
●ウインチ幅240mmのものもラインナップに追加
●制御盤分散型(制御機器を各ウインチに搭載)のため、制御盤室の省スペース化が可能

可変速点吊ウインチ(滑車移動式)

バトンの枝滑車をすのこ上の天井に配置し、すのこ面を作業スペースとして確保することにより、右図のような静音型ウインチを使った点吊り(500kg)で滑車を移動することにより使用します。

特長

静粛性:
客席最前列で35dB(A)の実績を確認
可変速性:
低速域から高速(max120m/min)までの広い範囲で可変速が可能
作業性:
●移動滑車は、アルミ製で自由に移動/設置が可能
●使用ロープにナイロン系繊維ロープを使用しており、鋼製ワイヤロープに比べ扱いが非常に容易

可変速点吊ウインチ

劇場用に開発された、本体の移動・固定が容易に行える点吊ウインチです。巻き取りドラムがスライドし、吊点を一定の位置に保ちます。

特長

静粛性:
客席最前列で35dB(A)の実績を確認
製品仕様:
●昇降速度:低速域から高速(30m/min)までの範囲で可変速が可能
●吊荷重:250kgf
●ワイヤロープ:φ6mm
●電動機:1.5kW
●ストローク:28m(大)/9.5m(小)
●外形寸法:W1,132×D544×H772(大)/W840×D560×H772(小)
操作性:
●コンパクト軽量で1人での移動(すのこ上)可能
●すのこ上任意の位置に固定可能
●巻き取りドラムがスライドし、吊点を一定の位置に固定
●複数台を同期運転可能
安全性:
二重ブレーキおよびワイヤロープ緩み検出を備えています
舞台機構のお問合せ
TEL 03-5733-9443 FAX 03-5733-9506
メールでのお問合せ

ページの先頭へ